未分類

チャットレディニュースvol.2

2014年05月07日、31.1%の人が「無料チャットアプリに依存している」という調査結果が出た。MMDlaboは同社が運営するMMD研究所において、スマートフォンを所有する15歳から49歳の男女833人を対象に「2014年5月コミュニケーションアプリに関する調査」を実施した。よく利用するコミュニケーションツールについて聞いたところ、「無料通話・チャットアプリ」が最多で47.9%、「キャリアメール」の42.1%を上回る結果となった。最も認知度の高かったコミュニケーションアプリは「LINE」で92.7%、次いで「Skype」が 73.2%、「Kakao Talk」が 49.7%となり、LINEが群を抜いて高かった。

アプリを知っていると回答した人625にチャットサービスについて聞いたところ「よく利用する、時々利用する」を合わせて90.4%の人が「LINE」を 利用。さらに無料通話の利用についても「よく利用する、時々利用する」を合わせて71.6%の人が「LINE」を利用していることがわかった。

無料チャットアプリを利用している557人にその依存度について聞いたところ「依存していると思う」「やや依存していると思う」を合わせ31.1%の人が 依存しているとの回答があった(マイナビウーマン)。上記のニュースから、チャットレディやチャットボーイに依存してしまっている人の割合も高くなってきているのではないかということが危惧される。適度に楽しむ程度の利用なら構わないが、日常生活に支障をきたすようになるなどの場合は注意が必要である。パフォーマーへの利用者の一方的な依存はパフォーマーにとっても負担になるだろうし、利用者もそこから抜け出せなくなり毎日何時間も利用してしまうというのは度を越えているだろう。パフォーマーと利用者双方がお互いに健全で気持ちよく会話でき、楽しめるよう工夫していくことが、よりよい生活を送るために大切な事である。