チャットレディニュースvol.3

スマホが同時通訳者に。スマートフォンを介して見知らぬ人に同時通訳してもらえる、そんなiPhoneアプリ「LACU」(ラクー)がApp Storeに登場した。ダウンロードは無料。言語の異なる人と会話する際、LACUのビデオチャット機能を立ち上げれば登録ユーザーが“同時通訳者”として登場し、会話をサポートしてくれる仕組み。

通訳者は自分のスキルに応じた料金を設定でき、利用者の支払額のうち40%を報酬として受け取れる。「言葉の壁に悩む世界中の方々のコミュニケーションを支援できると同時に、通訳の仕事をしたい人などにも通訳の機会を提供できる」としている(ITmediaニュース)。ライブチャットサービスであるチャットレディ・チャットボーイには外国籍で登録している方もいます。このような人とのチャットでは言葉の壁を感じることは多いと思います。上記ニュースのアプリ「LACU」はそんな悩みを解決してくれる一つの手段になるかもしれません。あえて他国籍の人とやりとりをすることで自分の外国語力がどのくらい通用するのか試したい方や、相手の国の言葉や文化に直接触れたいと思ってチャットレディ・ボーイを利用なさる方もいると思います。そんな時、通常はパフォーマー(相手)側の言語でチャットし、どうしても困ったときの助け舟として「LACU」やGoogleやYahooの翻訳サービス等を利用して相手側の言おうとしていることを理解できれば、効果的にコミュニケーションを取る事ができるでしょう。

また、チャット相手がバイリンガルだったら、こちらの間違ったところも指摘してもらえて、さらに質のよい経験を積むことができると思われます。インターネットサービスがたくさん提供されている昨今、よりよいサービスを自分で判断して選択し、利用していきたいものですね。